治療に使う被せものが外れて放置したときの影響は?

>

同じ被せものを使う

袋に入れて保管しよう

自分の歯の形が変わっていない、被せ物に傷がついていない、壊れていない場合は取れた被せものを再利用できるかもしれません。
再利用だと新しく作る手間を省けますし、費用も削減できるのでメリットが多いです。
そのため被せものが取れたら、大切に保管してください。
保管する際は蓋ができる容器や、チャックが付いた袋に入れるのが正しい方法です。

この時にティッシュや布で被せものを包む人がいますが間違って捨てたり、衝撃が加えられて、被せものの形が変わったりするので控えてください。
事情があってすぐ歯医者に行けない場合は、どこに被せものがあるのかすぐわかるよう、目立つところで保管するのが良い方法です。
被せものは非常に小さいので、失くさないよう大切に保管しましょう。

間違った対応はやめておこう

慌てて被せものを自分でくっつけようとすることは、避けてください。
無理に元に戻そうとすると、被せものの形が変わってしまうかもしれません。
その時の衝撃で歯や歯茎が傷つくこともあるので、素人が勝手に対処するのは控えましょう。

また接着剤でつけることも、間違った対処法です。
接着剤で被せものをつけても、結局は歯医者で取り外さなければいけません。
その時に歯を余計に削りますし、せっかく綺麗な状態の被せものだったのに、再利用できなくなることもあります。
被せものは、歯医者で使用する専用の接着剤でつけるものです。
自分では良いと思って対応するかもしれませんが、間違った方法だとかえって口内や被せものを傷つけることもあるので、調べてから実行しましょう。


この記事をシェアする
▲ PageTop