治療に使う被せものが外れて放置したときの影響は?

>

そのまま放置で病気を発症することがある

うまく噛めなくなる

虫歯になった時は、大抵が歯を削ります。
削った部分の高さを調整するために被せものをしますが、それが取れると一部分だけ歯が低くなり、噛み合わせが悪くなってしまいます。
高さが合わないと食べ物をうまく噛めなくなり、そのままの形で胃に送られ、内臓に負担を与えてしまいます。
また噛み合わせが悪いと、顎に負担がかかって痛くなることもあるので気を付けましょう。

さらに歯が割れやすくなるとも言われています。
治療の際に削った歯は、非常に耐久性が低いです。
そのため、固いものを噛んだだけで割れるかもしれません。
完全に歯が割れていなくてもヒビが入り、根元まで浸透すると抜歯をする事態に発展します。
大きなトラブルにもつながるので、早めに治療しましょう。

虫歯や歯周病の原因

歯磨きをしにくくなり、汚れが溜まって虫歯や歯周病を発症することがあります。
なぜ歯を磨きにくいのかというと、被せものをしていた部分がへこんでいるからです。
穴ができているのでうまく歯ブラシを入れられず、歯磨きが疎かになったり、被せものが取れた部分は神経が剥き出しになっており、歯を磨く時にしみて途中でやめたりする人が多いようです。

虫歯や歯周病が悪化すると、歯を失う事態に陥ります。
今までは被せものをするだけで済んでいたのに、抜歯をすると代わりの歯を埋め込まなければいけません。
治療の負担が大きくなるので、放置しても良いことはないでしょう。
またこのような事態にならないよう、いつでも丁寧に歯を磨く意識が大切です。


この記事をシェアする
▲ PageTop